第1類医薬品のネット販売解禁に際して

「毒にも薬にもなる」という言葉があるように、体を治す医薬品といえども良い面ばかりではなく、使いようによっては危険な副作用の心配があります。
そのため薬事法により、安全に医薬品を使用するためには、専門的で詳しい知識を持つ薬剤師が常駐する薬局でしか購入できませんでした。
しかし、この薬事法が改正され、平成26年6月12日から新たな販売ルールが適用されるようになりました。
この販売ルールの1つが、医薬品ネット販売の解禁です。
これにより、医薬品の販売が大幅に解禁され、今まで購入しづらかった第1類医薬品も消費者にとって手に入りやすいものとなったのです。
では、医薬品ネット販売について簡単にご説明していきましょう。
まず医薬品には、医療用医薬品と一般用医薬品の2つに分かれています。
医療用医薬品は、医師が患者に対して病気や体質によって処方箋を出し、それを薬剤師が調剤する薬で、こちらは一般には販売できません。
対して一般用医薬品は、多くの方が使えるように効き目を弱めて安全性を高めた薬です。
ただし、一般用医薬品といえども副作用のリスクは当然あり、それが高いものから第1類医薬品・第2類医薬品・第3類医薬品と分類されているのです。
このうち第1類医薬品はリスクが高く、今まで医薬品ネット販売が難しいとされていましたが、多くの要望の声に応えてついに解禁となったのです。
しかし、第1類医薬品の全てが解禁になったわけではありません。
第1類医薬品の中には、劇薬やまだ新しくリスク評価が判明していない薬があり、これらを要指導医薬品と呼び、医薬品 ネット販売から除外されています。
要指導医薬品の代表的なものには、鼻炎などのアレルギー用薬などがあり、現在これらは薬剤師の対面販売が必要とされています。

▼安価で人気のED治療薬ジェネリック
カマグラゴールド
▼ネットで医薬品を買う前に見ておくべきサイト
評判のいい通販サイトはあんしん通販薬局